Home » Blog » 生殖補助医療について » 不妊治療をすれば絶対に妊娠できますか?

不妊治療をすれば絶対に妊娠できますか?

こんにちは、Cryocan Japanです。

これから妊娠に向けて、治療をスタートしたいと思っている場合

治療する前にきちんと理解しておきたい「成功率」についてお話ます。


「成功率」について現実的な情報に触れましょう

不妊治療成功率

50年ほど前だったら

体外受精というオプションすらなく

年々医療技術は進み、今まで難しかったことが
医療の力をかりてできるようになってきたことは事実。

不妊治療は精神的にも経済的にも
ストレスを感じてしまうことがありますし

これだけ頑張っているのだから
これだけ労力やお金をかけているのだから
「絶対妊娠できる」と思ってしまうかたも
いらっしゃるかもしれません。

けれど現実的な答えは「NO」。


とても医療が発達している現在でも人間がコントロールできない部分があります。
例えば、体外受精をしたとしても医療技術で介入できるのは受精させる、という行為。


ICSIと呼ばれる技術での体外受精の場合卵子1つの中に精子を1つ「注入」するのですが
そこまで医療技術でサポートをした場合でもそのあとその2つの細胞が結びついて受精卵となり、
細胞分裂を始めるのかどうかは時間が経過するまでわかりません。


そしてその受精卵が成長していって女性の子宮へ戻す(移植)ことを完了しても
これもまた移植から2週間後の血液検査での妊娠判定結果が出るまでわかりません。


もちろん、クリニックや医師そして専門スタッフは
お薬のサポートや現代の最新医療技術を取り入れることで
治療の成功率が最高の状態になるようにベストを尽くしてします。


現実的に落ち着いた気持ちで治療を進めるためにも
現実的な成功率をきちんと把握しておくこと
成功率について遠慮なく医師へ質問をしてクリアにしておくことは
とても大切なことです。

クリニックによって異なる成功率

不妊治療成功率

成功率はクリニックそしてそのクリニックがある国によっても異なります。
ここで治療を受けてみたいなと検討中のクリニックがある場合には
そのクリニックでの成功率についてドクターに事前に質問しましょう。

ウェブサイトで発表しているクリニックもたくさんありますし
医師や専門スタッフに問い合わせをするとすぐに確認できる情報ですので
ぜひ事前に聞いてみてください。

女性の年齢によって成功率は変わります

不妊治療成功率

治療を受ける女性「ご本人」の卵子を使用する治療の場合
女性の年齢によって、治療の成功率は変わります。


その理由は、女性の年齢とともに妊娠の確率は低下し、
染色体の異常の可能性が増加するため流産の可能性が高くなるから。

以前こちらの記事でも卵子についてお話しました。
https://cryocanjp.com/womens-body-and-health/all-about-oocyte/

一方、第三者の卵子の提供を受けて治療をする場合
治療の成功率は卵子ドナーさんの年齢のものです。


例えば、女性が48歳でドナーさんが25歳だった場合
成功率は「25歳の女性の妊娠率(成功率)」ということになります。


Cryocan Japanの治療では30歳未満のドナーさんがほとんどですので成功率は約80%です。


LINEでお気軽にお問い合わせください

いかがでしたでしょうか。

治療をするクリニックを選ぶ際に、成功率はとても大切なファクターの1つ。

ぜひ事前に確認して納得のいくクリニック選びをしてください。

Cryocan Japanへのお問い合わせは
お気軽に日本語でLINEからどうぞ。

こちらをクリックして、お友達に追加いただくか

QRコードをスキャンしてお友達に追加いただき

ご不明な点やご質問をお気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *