Home » Blog » 卵子提供について » 海外不妊治療での産み分けの可能性について

海外不妊治療での産み分けの可能性について

こんにちは、Cryocan Japanです。

赤ちゃんが欲しい!と思ったとき

どうしても男の子がいい!

どうしても女の子がいい!

どちらでも健康であればいい!

色々な意見がありますよね。

人それぞれの考えがあるので

どの考えもあっていいもの。

カンボジアでは産み分けができます

妊娠の願いを叶える時に

自然妊娠や一般不妊治療では難しく

体外受精が必要な方はたくさんいらっしゃいます。

体外受精をされる患者様の場合

産み分けができる可能性があります。


スペインの産み分け事情

スペインでは基本的に産み分けはできません。

遺伝性疾患などがあり

性別によってその疾患を発症する可能性がある場合などは

別となりますが、カップル(もしくは女性)が

赤ちゃんの性別を選びたい!

という理由での産み分けはスペインではできません。


カンボジアの産み分け事情

カンボジアでは産み分けが可能です。

(治療費とは別に検査費用がかかります)


ご希望の患者様には

診察時に医師より詳細のお話をさせていただきます。

また、治療のケースによっては医師がお勧めしない場合もございます。

患者様としっかりお話をさせていただいた上で

治療に臨んでいただきますのでご安心ください。


LINEでお気軽にお問い合わせください

こちらをクリックして、お友達に追加いただくか

QRコードをスキャンしてお友達に追加いただき

ご不明な点やご質問をお気軽にお問い合わせください。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *