Home » Blog » 卵子ドナープログラムについて » 採卵の痛みはありますか?静脈鎮静法について

採卵の痛みはありますか?静脈鎮静法について

こんにちは、Cryocan Japanです。

卵子提供プロセスに参加を考えている場合や、

ご自身の卵子での体外受精の治療を検討している場合

「採卵は痛いのかな…」

「麻酔は大丈夫かな…」

そんな心配が出てくるのはとても自然なことです。

今日は採卵についてお話をしますね。


静脈鎮静法を使用するため、採卵中の痛みは「なし」

静脈鎮静法

採卵の時には、静脈鎮静法という麻酔を使用します。

採卵中の15分程度の間、麻酔が効いている状態で痛みを感じません。

採卵が終わった後は、すぐに目が覚めるのですが

そのあとは1時間30分程度リカバリールームでおやすみいただき

徐々に回復の様子を看護師が確認し、医師のOKが出ましたら

ご帰宅いただけます。


そもそも「採卵」はどのようにするの?

静脈鎮静法

採卵とは、卵巣の中にある卵胞を膣経由で穿刺(せんしすることです。

採卵は、静脈鎮静法という短時間の麻酔を使用して行われ、採卵の間、眠った状態で痛みを感じないために

15分から20分の間効果を発揮するものです。

静脈鎮静法は、静脈経由でお薬を使用し、他の麻酔と違うのは、患者様ご自身が麻酔中も呼吸ができることです。

採卵が終わりましたら、看護師がゆっくりと患者様へお声がけし
リカバリールームへ移動します。

その後、1時間30分ほどおやすみいただき

その間に、液体(お水やジュース)そして固形物(サンドイッチ)などを

お召し上がりいただいて回復の様子を観察し

麻酔の効果が完全に切れた状態で医師が確認をさせていただき

その後ご帰宅いただけます。


卵子提供のリスクと副作用はありますか?

静脈鎮静法

お薬を使って卵巣を刺激し、採卵をすることで

将来の妊娠や健康にリスクや副作用があるのでは?と心配される女性も

多いですし、心配な気持ちになるのも自然ですよね。

結論から申し上げますと

卵子提供や卵巣刺激(そして採卵)を行うことは

卵巣へのネガティブな影響、更年期障害が早まったり、体重が増えたり

というようなリスクや副作用はありません。

そしてもちろん、将来の妊娠にも悪影響を与えるようなことはありません。

患者様やドナーさんの状態をしっかり診察した上で

プロセスを進めてまいりますので

通常は問題なく治療や提供が進むのですが

リスクはゼロではありません。

卵巣を刺激することそして採卵をすることにより考えられるリスクの1つに

「卵巣過剰刺激症候群」があります。

こちらは、軽度、中度、重度の段階に分けられ、重度は全体の約1%ほどです。

この他に、生殖器の感染症(0.01%から1%)、出血、卵巣捻転、腸・膀胱もしくはその他器官への穿刺、麻酔そのもののリスクがあります。

リスクについての詳細については、医師よりお話をさせていただき

ご本人が納得された上で、プロセスにお進みいただくこととなりますのでご安心ください。

採卵に使用される麻酔は、表面的な効果を持つものなので、採卵後はすぐに目が冷めますが

採卵当日は、ゆったりとご自宅(もしくは滞在先のホテルで)休みリラックスすることをお勧めします。


LINEでお気軽にお問い合わせください

こちらをクリックして、お友達に追加いただくか

QRコードをスキャンしてお友達に追加いただき

ご不明な点やご質問をお気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *