fbpx

どうして私だけ?と辛くなったときに思い出して欲しいこと

ワクワクした気持ちで妊活をスタートしたのに、なかなか結果が出なかったり、治療が必要で治療を頑張っているのに結果が出ないとき「どうして私だけ…?」という気持ちになるのはとても自然なこと。そんな風に感じてしまうときの対処法についてお話しています。… Read More

採卵の痛みはありますか?静脈鎮静法について

卵子ドナーとして、卵子提供プログラムへの参加を考えている場合や、体外受精の治療を検討している時、採卵をどのようにするのか、そして痛みはあるのかを心配される女性はとても多いです。本日は、採卵と採卵時に使用される静脈鎮静法についてお話します。… Read More

海外不妊治療での産み分けの可能性について

赤ちゃんは授かりものだから、どちらでもいい!という方もいらっしゃれば、絶対男の子!絶対女の子がいい!という方もいらっしゃいます。色々な意見があっていいと思いますが、今日はご質問いただくことの多い「産み分け」についてお話しします。… Read More

いくつの胚が保証されていますか?

こんにちは、Cryocan Japanです。 治療をする国やクリニックによって 移植の方法や移植する胚の状態や個数が違いますよね。 今日は、Cryocan Japanで 提供卵子を伴う体外受精をされる場合の 胚の移植の詳細をお話しします。 Cryocan Japanは最低「胚盤胞2つ」を保証しています クリニックが保証しているのは 胚盤胞2つです。 胚盤胞というのは 受精をしてから培養から5日目から6日目くらいの 胚のことです。 胚盤胞を移植することで 着床率がわずかに上昇すると言われています。 Cryocan Japanでは 少なくとも「胚盤胞2つ」を保証しています。 基本的に移植は「凍結胚移植」です カンボジア国外からお見えになる患者様の スケジュールの管理をスムーズに行えるよう 基本的に移植は凍結胚移植です。 新鮮胚移植をご希望される患者様は初診の際に医師へお申し付けください。 患者様のカルテを拝見し患者様のご希望を伺った上で 医師が最適な治療方法についてご提案をさせていただきます。 ご質問やご不明な点は卵子提供を伴う体外受精の治療で これまでに300名以上の女性をサポートした経験豊富な日本人コーディネーターが 日本語でサポートさせていただきます。 … Read More

本ウェブサイトは、ユーザーエクスピリエンス向上のためクッキーを使用しています。閲覧を継続することは、このクッキー及び当院のクッキーポリシーを承諾することとなります。クッキーポリシー詳細の情報はリンクをクリックしご覧ください。

ACEPTAR
Aviso de cookies